お知らせ

2018.05.25

IT導入補助金に対応しました

パノラマmemoが、IT導入補助金対応ツールとして認定されました。
これにより「ご購入金額の半額が補助金として交付」されるため、実質半額でパノラマmemo導入が可能です。

以下を満たすことでIT導入補助金を活用できます。
◆中小企業である事
-建築業の場合は「資本金3億以下」または「従業員300名以下」のどちらかを満たす必要があります。
◆導入するITシステムが「IT補助金対応」している事
-パノラマmemo、および弊社「安井ファシリティーズ」は認定されています。
◆IT導入補助金の申請を行い、採択される事
-弊社およびパノラマmemo代理店経由でご購入の場合、申請手続きの支援サービスを行っております。

詳しくは以下をご参照ください。
⇒【IT導入補助金Webサイト】
⇒【IT導入補助金リーフレット】

IT導入補助金やパノラマmemoに関するお問い合わせ先

◆株式会社 安井ファシリティーズ(パノラマmemo開発元)
⇒弊社お問合せページへ

◆株式会社 ダイヤアクセス(代理店・IT導入補助対応可)  お問い合わせ先(担当:森田)
【電 話】 06-6454-7088
【メール】 yasuhiro_morita@dia-access.co.jp
【住 所】 〒532-0001 大阪府大阪市北区梅田3-4-5 毎日インテシオ18F
【紹介文】
お客様との関係性を深め、本当に必要なサービスのご提案をさせて頂きます。
パノラマmemoによる現場確認はもちろん、通信系・発電機・UPSなど現場で必要な内容を合わせてご提案させて頂きます。

※上記以外の代理店さまでは、IT導入補助金を取り扱っていない為ご注意ください。

お知らせ

2017.05.22

[撮影機材]リコーThetaSC故障

弊社で利用しているThetaSCのうち1台が、Wifi接続できない症状となってしまいました。

数多くの現場で「落下・三脚ごと転倒(撮影疲れでのミス)」など酷使したのが原因と思われます。特に、一脚ごと倒れた場合は、一脚分の質量が足されるので、通常の落下よりダメージが大きいです。

現場撮影される際は、皆さま以下にご注意ください。
①常に予備機を持っておく事
-現場調査は、基本的に限られた時間内で十分な量の撮影(撮りすぎて困る事はありません)を求められます。
-電池切れ(フル稼働で約2時間)・転倒・溶剤などによるレンズの汚れの恐れがありますので、最低でも2台以上はThetaを常備されることを強くお勧めします。

②スマートフォンにも注意
-Thetaでの撮影には、スマートフォンアプリによる遠隔撮影・画質設定も重要です。
-長時間の撮影は、スマートフォン側のバッテリー消費はもちろん、Theta同様にスマホ落下のリスクがございます。
対策として弊社では「急速充電可能なモバイルバッテリー常備・スマホには着脱可能なストラップ装着(画像参照)」を行っております。

その他、機材に関してはパノラマmemoご契約者様向けマニュアル(撮影編)にも記載がありますので、ぜひご参照ください。
もちろん、弊社宛へもお気軽にご相談ください。御社の撮影スタイルに合った利用方法・機材をご提案させて頂きます。

お知らせ

2017.04.21

[更新]Webサイト公開しました

パノラマmemo(通称パノメモ)の製品紹介サイトを公開致しました。

追って、パノメモ紹介動画をYoutubeで公開する予定です。