FUNCTION 機能

パノラマ建物を「使い切る」
ための
様々な機能をご紹介

背景イメージ

現場を撮影する・見る

360度カメラで撮影すれば「現場の写真」が図面に張り付く。
だから、かんたんに「どこからでも見られる2つ目の現場」が作れます。

パノラマ写真+図面=デジタル建物

パノラマ写真+図面=デジタル建物

360度パノラマ写真と図面があれば、建物が簡単に作れます。

いつでも、どこからでも現場が見れる

いつでも、どこからでも現場が見れる

インターネットにつながるパソコン・iPadがあれば、いつでも・どこからでも現場が見れます

パノラマ撮影専用アプリ(無料)

パノラマ撮影専用アプリ(無料)

パノラマmemo専用のスマートフォンアプリ(無料)を使えば、撮影・図面への貼り付けが簡単。リコーTHETAに完全対応。

暗闇でも簡単に撮影

暗闇でも簡単に撮影

パノラマ撮影専用アプリを使えば、真っ暗な部屋や点検口内の撮影も簡単。三脚とLEDランタンの併用がお勧めです。

建物へ書き込める

『この設備、先月動作不良起こしたんだよなぁ。。。』
その情報、メモしておきませんか?
メールでも台帳でもなく、その設備に。

パノラマ空間への書き込み

パノラマ空間への書き込み

パノラマ写真内に写り込んでいる「設備」「建築物」に対して、直接コメント・データなどを貼り付けられます。

図面への書き込み

図面への書き込み

パノラマ写真だけでなく、平面図・系統図へもコメント・指示・データなどを貼り付けられます。

自由なフォーマット

自由なフォーマット

書込みフォームは、自由に決められます。担当者名・業者連絡先・設備の更新日・検査の写真…文字だけでなく、沢山のアイコン・日付・添付ファイル・画像・URL・プルダウンメニューなどを組み合わせは自由。

スタンプ機能で、書き込みを手軽に

スタンプ機能で、書き込みを手軽に

検査での「OK/NG」など、大量の書込みにはスタンプ。シンプルなmemoから、設備台帳のような複雑なものまで、自分で作ってペタッっと貼れます。

情報共有・コミュニケーション

「ここ見て」「これ修理して」というのは現場で
当たり前のコミュニケーション。
それ、パノラマmemoでもできますよ。

遠隔コミュニケーション

遠隔コミュニケーション

QRコードやURL機能の利用で、遠くにいる人にメールで「ここを見て」「このトラブル対応して」といったコミュニケーションが可能。

タスク管理機能(グループ機能)

タスク管理機能(グループ機能)

パノラマ空間や図面上の書込みは、グループ分けが出来ます。「第1回竣工検査」や「残存不具合リスト」を作成し、進捗管理に使えます。

検索機能

パノラマ空間や図面上の書込みは、検索が可能。書き込みの種類など細かく指定できます。

紙、Excel、他システムとの連携

QRコードやURL機能の利用で、紙の報告書や、他の管理システムと連携できます。また、Excelへのエクスポートも可能で、幅広い用途での共有が可能です。

クラウドで情報共有

クラウドで情報共有

クラウドシステムのため、情報共有が簡単です。撮影したパノラマ写真・登録されたデータなどは、即座に関係者に共有されます。

ユーザ管理アクセス権設定

ユーザ管理アクセス権設定

管理機能で「ユーザの設定・削除」や、建物ごとのアクセス権付与が可能。

その他の機能

そういえば、パノラマmemoもITシステムでした。
現場ではなくITシステムならではの事もちゃんとできます。

電子データ置き場

電子データ置き場

パノラマ空間や平面図に直接書き込む必要のない「竣工図・日報月報・申請書類」などは、電子データ置き場に保管できます。

ダウンロード版パノラマmemo

ダウンロード版パノラマmemo

パノラマ写真・書き込み・添付ファイルなど、1棟丸ごとダウンロード。DVDでの納品物や長期保管に最適です。(別途有償)

CSVエクスポート機能

パノラマmemoで空間に書き込んだ「不具合・設備更新履歴」などの情報をCSVで一括エクスポートできます。