【建築業界】コロナウイルス問題に伴う、テレワーク・出張規制への対策

お知らせ, 事例・活用法

昨今、新型コロナウイルス感染症の影響を受け、テレワーク(在宅勤務)・時差出勤・出張制限が推奨されています。
弊社はもとより、建築業界の各お客様からも、対応に追われているとの声を伺っております。

しかし、設計・施工・維持管理などの業務の多くは「現場への移動」が避けて通れません。
そこで今回は、パノラマmemoを現場調査に使う事で実現できる「移動削減・工数削減・テレワーク対応」について記載します。

改修工事の現場調査には、パノラマmemoが必須
弊社のお客様でも、改修・リニューアルの現場視察にパノラマmemoを使われているケースが非常に多いです。
初回訪問時に、現地パノラマを撮影しておけば、その日の夕方には「インターネット経由で、全関係者に現場状況」を共有できます。

しかも、パノラマmemoでは「建物内への書込み・画像貼り付け」が可能です。
皆さんが撮影された写真を「パノラマmemo上に貼り付ける」事で、例えば分電盤を開けた写真/錆やコンクリート破損部の詳細写真/製品型番などを全員で共有できます。
もちろん、外注の協力会社さんもご覧いただけます。

■アンケート結果
弊社のお客様で「改修工事にパノラマmemoを利用された30名」に対するアンケートを行った所、以下のような結果が出ました。

【改修工事にパノラマmemoを利用されたお客様の声】
・次回以降のリニューアル業務でもパノラマmemoを利用したい ⇒97%
・業務品質が向上した ⇒93%
・工数削減できた ⇒90%
・納期短縮できた ⇒77%

・パノラマmemoを使っていなかったら、リニューアル業務でどのような困りごとがありましたか?
「打合せで即答できない質問があった、持ち帰りの課題が増えた」「顧客・自社共に工数が増えた」「現場移動回数が倍以上に増えた」「現場確認できるまで、作業が止まっていた」「写真を探す手間が増えていた」「実際に現場訪問した際に見落としていた箇所があった」

以上の様に、「現場訪問の回数が減る」だけでなく、業務品質の向上にもお役に立っている事が確認できました。
コロナウイルスは経済的な悪影響が着目されていますが、それと同時に「IT活用・働き方改革を(強制的に)試す場」とも言われています。

パノラマmemoは無料版でお気軽に試して頂くことができ、操作も非常に簡単です。今後のリスク対策が急務ですが、それと同時に業務改善のチャンスとして、ご利用いただければ幸いです。

パノラマmemo無料版は、こちらからお気軽にお申し込みください。