機能紹介

パノラマ建物を「使い切る」ための様々な機能

現場を撮影する・見る

パノラマ写真+図面=デジタル建物

360度パノラマ写真と図面があれば、建物が簡単に作れます

いつでも、どこからでも現場が見れる

インターネットにつながるパソコン・iPadがあれば、いつでも・どこからでも現場が見れます

パノラマ撮影専用アプリ(無料)

パノラマmemo専用のスマートフォンアプリ(無料)を使えば、撮影・図面への貼り付けが簡単。リコーTHETAに完全対応。

暗闇でも撮影かんたん

パノラマ撮影専用アプリを使えば、真っ暗な部屋や点検口内の撮影も簡単。三脚とLEDランタンの併用がお勧めです。

建物に書き込む

パノラマ空間への書き込み

パノラマ写真内に写り込んでいる「設備」「建築物」に対して、直接コメント・データなどを貼り付けられます。

図面への書き込み

パノラマ写真だけでなく、平面図・系統図へもコメント・指示・データなどを貼り付けられます。

自由なフォーマット

設備台帳・作業指示・点検記録・簡単なメモ書き…など書き込む情報は様々。それらに合わせ自由に「書き込みフォーム」を作成できます。

スタンプ(ひな形)機能で、書き込みを手軽に

あらかじめ「書き込む情報」を準備しておくことで、スタンプを押すように簡単に情報登録が出来ます。例えば「設備撤去スタンプ」「設備移設スタンプ」「点検終了スタンプ」のように、自由なスタンプ作成が可能です。

情報活用・コミュニケーション

ユーザ管理・アクセス権設定

管理機能で「ユーザの設定・削除」や、建物ごとのアクセス権付与が可能。

クラウドで情報共有

クラウドシステムのため、情報共有が簡単です。撮影したパノラマ写真・登録したデータなどは、即座に関係者に共有されます。

検索

パノラマ空間や図面上の書込みは、検索が可能。書き込みの種類・日付・ユーザ・フロアなど細かく指定できます。

遠隔コミュニケーション

QRコードやURL機能の利用で、遠くにいる人にメールで「ここを見て」「このトラブル対応して」といったコミュニケーションが可能。

タスク管理(グループ機能)

パノラマ空間や図面上の書込みは、グループ分けが出来ます。「第1回竣工検査」や「残存不具合リスト」を作成し、進捗管理に使えます。

※紙と連携、Excelと連携、他システムと連携

QRコードやURL機能の利用で、紙の報告書や、他の管理システム(もしくはExcel台帳)と連携できます。

その他の特徴

電子データ置き場

パノラマ空間や平面図に直接書き込む必要のない「竣工図・日報月報・申請書類」などは、電子データ置き場に保管できます。

高価な機材購入は不要

お使いのWindowsパソコンやiPadがあれば、そのままパノラマmemoが使えます。

追加で必要な機材はパノラマカメラ(2万円)の購入飲みです。