パノラマmemo専用撮影アプリ「パノラマmemo-shot」公開

お知らせ, 新機能・バージョンアップ

パノラマmemo専用の撮影アプリ「パノラマmemo-shot」をAppStoreで公開しました。
これにより、ユーザの皆様はもちろん、我々の「パノラマ撮影⇒パノラマ建物化登録」の効率が劇的に上がりました。

本アプリでは、リコーTHETAとwifi接続したiPhone/iPadを使うことで、撮影した写真をその場でパノラマmemoに登録する事ができます。

■おおまかな利用の流れ
1)THETAとスマホを接続
2)本アプリを起動すると、パノラマmemoに登録済みの「建物・図面」が出てくる
3)今から撮影する「建物>図面」の順に選択すると、目当ての図面が表示される
4)図面上から、撮影する場所を指定して「撮影」をタップすると、THETAのシャッターが下りる
5)撮影した写真は、そのままパノラマmemoにアップロード可能

■アプリの特徴
-パノラマmemoおよびリコーTHETA(シータ)に完全対応
-リコーTHETA純正アプリで行える「遠隔シャッター、写真の確認、画質設定」などの機能も標準搭載。さらに画質設定を5種類保管でき「室内用、屋外用、点検口用…」などをワンタップで切り替えられます。
-パノラマmemoに登録した図面と連携。「どこで撮ったパノラマ写真なのか?」を後で整理する必要がありません。
-電波の繋がらない地下ピット等でも撮影できます。

本アプリは「iPhone/iPad向け」で、利用にはパノラマmemoのアカウントが必要となります。ご注意ください。